メタルストリッピングストーンとブラックストーンを比較してみた

ストリッピング1stから1か月経ちました

メタルストリッピングストーンとブラックストーン両方を比べながら

1stや2nd部分の

うっすら覆われてきたアンダーコートを除去してみました。

のらりくらりとうちのパピ子

全5ステージ

ストリッピング終了しました。

1stや2ndの部分の先に生えてきたアンダーコートを処理します。

まずはブラックストーンから

これ

届いたときになんじゃこれ!?と思ってしまいました(笑)

浦島太郎状態。

空けてみる

石鹸か?(サイズ感はカメの子たわし)

ちゃんとブラックストーンでしたね(笑)

ただ・・・

かぶっさっている紙が取れない

ボンド?でついている模様(;^_^A

使いやすいサイズにするには無理やり剥がすしかなさそうですが

壊れそうでやってません。

大きいままですが使ってみた

使い方ですが、基本的には角を使います。

使い心地は普通のいつも使っているブラックストーンと同じですね。

メタルストリッピングストーンてやつ

サイズのわりには重量あります

使うところはやすりの細かい奴のようにザラザラしてる

早速どんなもんか使ってみる

ほんとに使うのが初めてでわかりませんが

使い方はブラックストーンと同じで平な面より角で取る方がいいみたい。

正直、かっこいい!みたいなノリで購入

こんなもんで抜けないでしょ!

って思ってたけど、割とちゃんと取れるんでびっくり。

仕事量的には従来通りブラックストーンのほうが出来ると思いますが、しっかり持ち手があって使いやすいので細かいとこにはいいかもしれない。

ブラックストーンは削れて減って消耗品だけどメタルストリッピングストーンは半永久的に使えるかも。

あとは、面が細かいので指サックでもつけてないと引っ付いた毛を取るのがブラックストーンより大変です。

ひじょ~に分かりづらいとは思いますが、よ~く目を凝らして左右を比べてください

向かって左がブラックストーンとメタルストリッピングストーンを使ってアンダーコート除去後です。向かって右はアンダーコートに微妙にまだ覆われている状態です。

ナイフが入る長さになるまでアンダーコートをこうやって処理していきます。

これからもメタルストリッピングストーンちょくちょく使って試していくつもりです。また何か使い方で発見があればアップしますね(‘◇’)ゞ

ご相談・ご質問・その他なんでもお気軽にコメント欄にどうぞ♪

 

 

“メタルストリッピングストーンとブラックストーンを比較してみた” への9件の返信

  1. ブログ更新心待ちにしておりました!

    パピ子さん綺麗☆
    ストーン やっぱり必須ですね!
    使用後 全然違う。動画みながら 思わず おぉ〜って言っちゃいました ^_−☆

    ステージ途中ですが私もストーンを使ってみようと思います。
    知識もアドバイスも惜しみない太っ腹店長に感謝です)^o^(

    1. ありがとうございます

      微妙なとこなのに
      違いがわかるとはさすがですね!

      コートはたくさん手をかけてあげればあげるほど綺麗になると思います。
      頑張ってください!
      お役に立ててうれしいです(^^♪

  2. 先日青いナイフを送って頂いた者です。

    先週、生後約100日でストリッピングをお店でやって頂きました。
    家の近くにはバリカンでのトリミングしかやっていないお店しかないので、ストリッピングした部分のコートは自分で維持しようと思っています。

    ぼちぼち道具を揃えているのですが、今回紹介されているメタルストリッピングストーンかブラックストーンはあったほうがいいでしょうか?素人にはどちらがお勧めですか?
    あと赤いナイフ(アウターコート用?)もあったほうがいいですか?

    1. お久しぶりです!
      先日はありがとうございました。
      ニックネームにしたほうが良いと思いましたので、とりあえず今回はお名前をk様とさせていただきました。
      (ニックネーム教えていただければまた変更します)
      お~抜いたんですね!
      抜いた状態(写真を見たいです、よかったらメールください)犬体差にもよりますが、1か月もすると先にアンダーコートが生えてくると思います
      それを処理するのにメタルストリッピングストーンかブラックストーンは必要です。
      どちらかというとブラックストーンの方がおすすめですね。
      赤いナイフはどちらもいけますが主にはアンダーコート用です。
      1か月半もすればナイフが入る状態になってくるので、その時には赤いナイフでもよいですが
      それよりも一段階刃の短く細かいナイフがあったほうが良いかもしれません。

      コートがしっかり揃うまでは、道具を使い分けてアンダーコートをマメに処理することが大事ですね(‘ω’)ノ

      1. ニックネームの件、有難う御座います。
        うちのシュナの名前のVANでお願いします。

        はさみやコーム、スリッカーブラシなど適当に揃えたのですが、抜くための用具が先日の青いナイフしかありません。
        あとブラックストーンと細くて細かいナイフがあればなんとかなりますか?
        先日送って頂いた青いナイフの出番って、ある程度コートが長くなってからでしょうか?

        ブラックストーンをネットで探したのですが見つけられませんでした。
        どんなところで購入出来ますか?あとナイフもお勧めがあれば教えて下さい。
        ブラックストーンとナイフはそちらで売って頂けるものは無いですよね?

        写真、メールで送っておきますね。

        1. VANさんですね、よろしくお願いします。

          単身赴任で可愛い盛りのVANくんに会えないのはさみしいですね。

          青いナイフ使うのはまだ先です。刃の短いナイフをもう一本とブラックストーンでとりあえずは大丈夫かな。
          赤いナイフは在庫あります。おすすめです

          写真みました
          目が可愛いじゃないですか♪

          抜いていただいたお店の方向性はわかりませんが
          見たところ、抜き残しているオーバーはつかめるようになったら処理しておいたほうがいいのかな?

          維持管理、がんばってください!

          経過楽しみにしてます(‘◇’)ゞ

          Amazonでブラックストーン!?
          みつけられませんでした・・・(*_*;

          1. Amazonで「セーターストーン」で検索すると出てきます。
            毛玉取り用軽石なんですね、私はプライム会員なので送料込みで1173円でした。

            歯の短いナイフというのが赤いナイフですか?
            それが揃えば、何とかなりますか?

            外からペットの状態が確認出来るペットカメラを付けて、単身赴任先で仕事中も時々みています。

            抜いてから一週間ちょっと経つので、うっすら毛が生えてきていますが、抜いた方が良い毛と抜かない方が良い毛って、どう区別すれば良いですか?

            分からない事だらけで、リブさんのお店に通える方が羨ましいです。

          2. そうですよね、よくみると「セーターストーン」て書いてありますよね
            流用なんですね~気が付きませんでした・・・。(もしかして僕だけかもしれませんが 恥)
            ありがとうございます。皆さん探していると思いますので助かります!(^^)

            ペットカメラはすごいですね、ちょっと興味あります(@_@)

            赤いナイフ、そうです青より短くなってます。
            正直、もう少し短い刃のほうが早めに入るようになるのでそれをおすすめしたいのですが、それはもうありません。
            同じタイプのもの(聞いたところ若干刃が違うらしい)が出回っているようですが使ったことがないので何とも言えません。
            ご紹介はできますが。
            赤いナイフでもなんとかなるとは思います
            ご検討してください。

            さておき

            難しいことは考えず 
            当面はナイフが入るようになるまで、なんとなく軽石でこする
            入るようになったらナイフで取る。
            とにかく生え揃うまでは「アンダーを処理!」です。
            大丈夫、アンダーだけ取っていれば何とかなります!

            実際にお会いしてお話できないのが非常に残念ですね。

  3. ブラックストーン見つけて買いました、アマゾンで。

    単身赴任中で帰省するのはお盆ですが試してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です